All-in-One Event Calendarプラグインの設定で、カレンダーを表示する固定ページを指定する事が必須となっている。

しかし、当サイトでは、ショートコードを使ってカレンダーを表示している為、このページのように、カレンダーを表示しても問題ない固定ページを作り、それをカレンダー表示ページとして指定している。

28 29 30 31 1 2 3
全日
12:00 AM
1:00 AM
2:00 AM
3:00 AM
4:00 AM
5:00 AM
6:00 AM
7:00 AM
8:00 AM
9:00 AM
10:00 AM
11:00 AM
12:00 PM
1:00 PM
2:00 PM
3:00 PM
4:00 PM
5:00 PM
6:00 PM
7:00 PM
8:00 PM
9:00 PM
10:00 PM
11:00 PM
3:30 PM 1 up stage ~シンパシー感じるコミュニティ~
1 up stage ~シンパシー感じるコミュニティ~
7月 29日 3:30 PM – 5:30 PM
1 up stage ~シンパシー感じるコミュニティ~ @ アップル梅田
1 up stage 『1 up stage』~シンパシー感じるコミュニティ~ ①仲間に出会えるコミュニティーの場!! ②自分自身を客観的に見直そう!! ③自分に合った仕事つけよう!! ④一般の方、障がい者の方どちらでも!! ⑤ご家族、大学院、専門学校と連携!! 開催は毎週平日、9:30~17:30 ご来所される時は、事前にお電話で連絡お願いします。 個別のご相談がある場合は、ご気軽にご連絡ください。 案内を見る お問合せ レポート 開催風景 1 up stage <ビジネスマナー> 2月21日、22日(15:30~17:00) 就職を目指しておられる学生さん向けのビジネスマナーとして面接の時のお辞儀や、入退室の流れの動作を一日目に二日目は声、表情、姿勢、呼吸などを考える時間にあてました。 一日目はお辞儀の種類(会釈、敬礼、最敬礼)分離礼(先言後礼)などを、スタッフのお手本を見てもらい、ご本人様にも実際やって頂きました。 足元に目線を示す印もつけてみました。 その様子を動画でとってみて確認もしてみました。 会釈と敬礼、最敬礼とだんだん深くなる様子も一目瞭然。 自分自身でお辞儀の様子を見る事も少ないでしょうからしっかりとつかんでゆきます。背中から傾け、しっかりお辞儀できるようになっていきました。 休憩をはさんで今度は実際面接の場面を想定してスライドで順番を確認します。 そしてまた動画で確認を繰り返します。 すると、繰り返すごとに流れを覚えてスムーズになります。 そうするうちに、画像を確認する前にちょっとできなかったと自分で気づいてもう一度とやり直しも希望しておられました。 もともと姿勢もよく、指先までピンと伸びてます。 座るとお辞儀が結構難しく、背中からしっかり倒せるよう練習しましたね。 二日目は笑顔、発声、表情、深呼吸などを折り込みながら昨日やっていただいた面接の流れに沿ってもう一度やってみました。 まずは体や頭をリラックス「クッションなげ」をしました。 投げる相手を呼んで、しっかり相手に届くように投げる事は相手が向くのを待って、しっかりと目を合わせたり、距離感もつかめるのでとっても良い練習になります。 相手に投げるとき腹筋も使うのでおのずと声も出るのです。 近くではじめ、遠くにすると声の大きさも変わります。 クッションを相手に届くようにそっと投げるというのが声を届けるとてもよいトレーニングになりました。 昨日は、椅子の前に立って、あいさつをして。お辞儀をして。。。 というように流れを覚えるのに精いっぱいの事もあったでしょう。 表情が硬いというかしっかりやらなきゃと肩に力も入っています。 面接に入る前に手のひらに人人人を書いて飲むということをやっていたそうですが深呼吸をすることでも表情も和らぎます。 軽く微笑みを入れることにより印象もアップ。 そして、口の形に気を付けてしっかり発声することによる効果 ゆっくりはっきりしゃべることの大切さ。 すべては面接して頂いている人への配慮ですね。 今回、1upstageに来られる前に、見学に来てくださりやりたいことが事前に分かったこと 面接会に参加されたばかりというような情報をいただいたのでその人に合わせた取り組みもできました。 これからも毎月イベントを行ってゆきますのでどうぞご参加ください。
3:30 PM 1 up stage ~シンパシー感じるコミュニティ~
1 up stage ~シンパシー感じるコミュニティ~
7月 30日 3:30 PM – 5:30 PM
1 up stage ~シンパシー感じるコミュニティ~ @ アップル梅田
1 up stage 『1 up stage』~シンパシー感じるコミュニティ~ ①仲間に出会えるコミュニティーの場!! ②自分自身を客観的に見直そう!! ③自分に合った仕事つけよう!! ④一般の方、障がい者の方どちらでも!! ⑤ご家族、大学院、専門学校と連携!! 開催は毎週平日、9:30~17:30 ご来所される時は、事前にお電話で連絡お願いします。 個別のご相談がある場合は、ご気軽にご連絡ください。 案内を見る お問合せ レポート 開催風景 1 up stage <ビジネスマナー> 2月21日、22日(15:30~17:00) 就職を目指しておられる学生さん向けのビジネスマナーとして面接の時のお辞儀や、入退室の流れの動作を一日目に二日目は声、表情、姿勢、呼吸などを考える時間にあてました。 一日目はお辞儀の種類(会釈、敬礼、最敬礼)分離礼(先言後礼)などを、スタッフのお手本を見てもらい、ご本人様にも実際やって頂きました。 足元に目線を示す印もつけてみました。 その様子を動画でとってみて確認もしてみました。 会釈と敬礼、最敬礼とだんだん深くなる様子も一目瞭然。 自分自身でお辞儀の様子を見る事も少ないでしょうからしっかりとつかんでゆきます。背中から傾け、しっかりお辞儀できるようになっていきました。 休憩をはさんで今度は実際面接の場面を想定してスライドで順番を確認します。 そしてまた動画で確認を繰り返します。 すると、繰り返すごとに流れを覚えてスムーズになります。 そうするうちに、画像を確認する前にちょっとできなかったと自分で気づいてもう一度とやり直しも希望しておられました。 もともと姿勢もよく、指先までピンと伸びてます。 座るとお辞儀が結構難しく、背中からしっかり倒せるよう練習しましたね。 二日目は笑顔、発声、表情、深呼吸などを折り込みながら昨日やっていただいた面接の流れに沿ってもう一度やってみました。 まずは体や頭をリラックス「クッションなげ」をしました。 投げる相手を呼んで、しっかり相手に届くように投げる事は相手が向くのを待って、しっかりと目を合わせたり、距離感もつかめるのでとっても良い練習になります。 相手に投げるとき腹筋も使うのでおのずと声も出るのです。 近くではじめ、遠くにすると声の大きさも変わります。 クッションを相手に届くようにそっと投げるというのが声を届けるとてもよいトレーニングになりました。 昨日は、椅子の前に立って、あいさつをして。お辞儀をして。。。 というように流れを覚えるのに精いっぱいの事もあったでしょう。 表情が硬いというかしっかりやらなきゃと肩に力も入っています。 面接に入る前に手のひらに人人人を書いて飲むということをやっていたそうですが深呼吸をすることでも表情も和らぎます。 軽く微笑みを入れることにより印象もアップ。 そして、口の形に気を付けてしっかり発声することによる効果 ゆっくりはっきりしゃべることの大切さ。 すべては面接して頂いている人への配慮ですね。 今回、1upstageに来られる前に、見学に来てくださりやりたいことが事前に分かったこと 面接会に参加されたばかりというような情報をいただいたのでその人に合わせた取り組みもできました。 これからも毎月イベントを行ってゆきますのでどうぞご参加ください。
1:30 PM 福祉サービス実演体験会【ハローワーク梅田】2019
福祉サービス実演体験会【ハローワーク梅田】2019
7月 31日 1:30 PM – 3:30 PM
就労系障がい者福祉サービス事業体験説明会 ハローワーク梅田では、障がいや病気のために、現状では一般就職が難しい方を対象に持っている能力を十分に発揮しながら、就職につながるさまざまな支援を行なう障害者総合支援法における就労系福祉サービスの様子を体験を通して理解していただくイベントを開催しています。 体験型説明会ってなに? 障がい者の生活リズムの改善や就労を目的としている事業所が集まって、事業所でしていることを実際に体験しながら、福祉の制度やサービスを理解してもらう説明会です。 会場内は匿名ですので、安心して事業所の雰囲気を体験できます。 福祉なんでも相談 開催 相談員がいるので、生活・進路・就職・福祉サービスの利用方法などについて相談できます。 開催時間 13:30~15:30 予約は必要ありません。入場無料。匿名で参加できます。 開催日 2019年4月19日(金) 2019年5月24日(金) 2019年6月21日(金) 2019年7月31日(水) 2019年8月22日(木) 2019年9月26日(木) 2019年10月25日(金) 2019年11月22日(金) 2019年12月20日(金) 2020年1月24日(金) 2020年2月21日(金) 2020年3月26日(木) 案内を見る お問合せ
3:30 PM 1 up stage ~シンパシー感じるコミュニティ~
1 up stage ~シンパシー感じるコミュニティ~
7月 31日 3:30 PM – 5:30 PM
1 up stage ~シンパシー感じるコミュニティ~ @ アップル梅田
1 up stage 『1 up stage』~シンパシー感じるコミュニティ~ ①仲間に出会えるコミュニティーの場!! ②自分自身を客観的に見直そう!! ③自分に合った仕事つけよう!! ④一般の方、障がい者の方どちらでも!! ⑤ご家族、大学院、専門学校と連携!! 開催は毎週平日、9:30~17:30 ご来所される時は、事前にお電話で連絡お願いします。 個別のご相談がある場合は、ご気軽にご連絡ください。 案内を見る お問合せ レポート 開催風景 1 up stage <ビジネスマナー> 2月21日、22日(15:30~17:00) 就職を目指しておられる学生さん向けのビジネスマナーとして面接の時のお辞儀や、入退室の流れの動作を一日目に二日目は声、表情、姿勢、呼吸などを考える時間にあてました。 一日目はお辞儀の種類(会釈、敬礼、最敬礼)分離礼(先言後礼)などを、スタッフのお手本を見てもらい、ご本人様にも実際やって頂きました。 足元に目線を示す印もつけてみました。 その様子を動画でとってみて確認もしてみました。 会釈と敬礼、最敬礼とだんだん深くなる様子も一目瞭然。 自分自身でお辞儀の様子を見る事も少ないでしょうからしっかりとつかんでゆきます。背中から傾け、しっかりお辞儀できるようになっていきました。 休憩をはさんで今度は実際面接の場面を想定してスライドで順番を確認します。 そしてまた動画で確認を繰り返します。 すると、繰り返すごとに流れを覚えてスムーズになります。 そうするうちに、画像を確認する前にちょっとできなかったと自分で気づいてもう一度とやり直しも希望しておられました。 もともと姿勢もよく、指先までピンと伸びてます。 座るとお辞儀が結構難しく、背中からしっかり倒せるよう練習しましたね。 二日目は笑顔、発声、表情、深呼吸などを折り込みながら昨日やっていただいた面接の流れに沿ってもう一度やってみました。 まずは体や頭をリラックス「クッションなげ」をしました。 投げる相手を呼んで、しっかり相手に届くように投げる事は相手が向くのを待って、しっかりと目を合わせたり、距離感もつかめるのでとっても良い練習になります。 相手に投げるとき腹筋も使うのでおのずと声も出るのです。 近くではじめ、遠くにすると声の大きさも変わります。 クッションを相手に届くようにそっと投げるというのが声を届けるとてもよいトレーニングになりました。 昨日は、椅子の前に立って、あいさつをして。お辞儀をして。。。 というように流れを覚えるのに精いっぱいの事もあったでしょう。 表情が硬いというかしっかりやらなきゃと肩に力も入っています。 面接に入る前に手のひらに人人人を書いて飲むということをやっていたそうですが深呼吸をすることでも表情も和らぎます。 軽く微笑みを入れることにより印象もアップ。 そして、口の形に気を付けてしっかり発声することによる効果 ゆっくりはっきりしゃべることの大切さ。 すべては面接して頂いている人への配慮ですね。 今回、1upstageに来られる前に、見学に来てくださりやりたいことが事前に分かったこと 面接会に参加されたばかりというような情報をいただいたのでその人に合わせた取り組みもできました。 これからも毎月イベントを行ってゆきますのでどうぞご参加ください。
3:30 PM 1 up stage ~シンパシー感じるコミュニティ~
1 up stage ~シンパシー感じるコミュニティ~
8月 1日 3:30 PM – 5:30 PM
1 up stage ~シンパシー感じるコミュニティ~ @ アップル梅田
1 up stage 『1 up stage』~シンパシー感じるコミュニティ~ ①仲間に出会えるコミュニティーの場!! ②自分自身を客観的に見直そう!! ③自分に合った仕事つけよう!! ④一般の方、障がい者の方どちらでも!! ⑤ご家族、大学院、専門学校と連携!! 開催は毎週平日、9:30~17:30 ご来所される時は、事前にお電話で連絡お願いします。 個別のご相談がある場合は、ご気軽にご連絡ください。 案内を見る お問合せ レポート 開催風景 1 up stage <ビジネスマナー> 2月21日、22日(15:30~17:00) 就職を目指しておられる学生さん向けのビジネスマナーとして面接の時のお辞儀や、入退室の流れの動作を一日目に二日目は声、表情、姿勢、呼吸などを考える時間にあてました。 一日目はお辞儀の種類(会釈、敬礼、最敬礼)分離礼(先言後礼)などを、スタッフのお手本を見てもらい、ご本人様にも実際やって頂きました。 足元に目線を示す印もつけてみました。 その様子を動画でとってみて確認もしてみました。 会釈と敬礼、最敬礼とだんだん深くなる様子も一目瞭然。 自分自身でお辞儀の様子を見る事も少ないでしょうからしっかりとつかんでゆきます。背中から傾け、しっかりお辞儀できるようになっていきました。 休憩をはさんで今度は実際面接の場面を想定してスライドで順番を確認します。 そしてまた動画で確認を繰り返します。 すると、繰り返すごとに流れを覚えてスムーズになります。 そうするうちに、画像を確認する前にちょっとできなかったと自分で気づいてもう一度とやり直しも希望しておられました。 もともと姿勢もよく、指先までピンと伸びてます。 座るとお辞儀が結構難しく、背中からしっかり倒せるよう練習しましたね。 二日目は笑顔、発声、表情、深呼吸などを折り込みながら昨日やっていただいた面接の流れに沿ってもう一度やってみました。 まずは体や頭をリラックス「クッションなげ」をしました。 投げる相手を呼んで、しっかり相手に届くように投げる事は相手が向くのを待って、しっかりと目を合わせたり、距離感もつかめるのでとっても良い練習になります。 相手に投げるとき腹筋も使うのでおのずと声も出るのです。 近くではじめ、遠くにすると声の大きさも変わります。 クッションを相手に届くようにそっと投げるというのが声を届けるとてもよいトレーニングになりました。 昨日は、椅子の前に立って、あいさつをして。お辞儀をして。。。 というように流れを覚えるのに精いっぱいの事もあったでしょう。 表情が硬いというかしっかりやらなきゃと肩に力も入っています。 面接に入る前に手のひらに人人人を書いて飲むということをやっていたそうですが深呼吸をすることでも表情も和らぎます。 軽く微笑みを入れることにより印象もアップ。 そして、口の形に気を付けてしっかり発声することによる効果 ゆっくりはっきりしゃべることの大切さ。 すべては面接して頂いている人への配慮ですね。 今回、1upstageに来られる前に、見学に来てくださりやりたいことが事前に分かったこと 面接会に参加されたばかりというような情報をいただいたのでその人に合わせた取り組みもできました。 これからも毎月イベントを行ってゆきますのでどうぞご参加ください。
2:00 PM 福祉サービス体験・説明会【ハローワーク大阪東】2019
福祉サービス体験・説明会【ハローワーク大阪東】2019
8月 2日 2:00 PM – 5:00 PM
福祉サービス体験・説明会【ハローワーク大阪東】2019 @ ハローワーク大阪東 3階会場
障がいをお持ちで、働きたい方のための福祉サービス体験・説明会 イベントの詳細 このイベントでは、障がいがある方の生活リズムの改善や、仕事につくことを目的としている事業所が集まっています。事業所でしていることを実際に体験し、福祉の制度やサービスを理解してもらう説明会です。 会場内は匿名ですので、安心して事業所の雰囲気を体験できます。 予約は不要で、すべて無料で体験できます。お気軽にご参加ください。 体験できる内容 よくあるご質問 開催日程と時間 2019年4月5日(金) 2019年5月10日(金) 2019年6月7日(金) 2019年7月5日(金) 2019年8月2日(金) 2019年9月6日(金) 2019年10月4日(金) 2019年11月1日(金) 2019年12月6日(金) 2020年1月10日(金) 2020年2月7日(金) 2020年3月6日(金) 第1部 14:00~15:00 福祉サービスについての説明や、各種イベントのご案内 第2部 15:00~17:00 各事業所のスタッフとのご相談や、作業・訓練の体験 案内を見る お問合せ
3:30 PM 1 up stage ~シンパシー感じるコミュニティ~
1 up stage ~シンパシー感じるコミュニティ~
8月 2日 3:30 PM – 5:30 PM
1 up stage ~シンパシー感じるコミュニティ~ @ アップル梅田
1 up stage 『1 up stage』~シンパシー感じるコミュニティ~ ①仲間に出会えるコミュニティーの場!! ②自分自身を客観的に見直そう!! ③自分に合った仕事つけよう!! ④一般の方、障がい者の方どちらでも!! ⑤ご家族、大学院、専門学校と連携!! 開催は毎週平日、9:30~17:30 ご来所される時は、事前にお電話で連絡お願いします。 個別のご相談がある場合は、ご気軽にご連絡ください。 案内を見る お問合せ レポート 開催風景 1 up stage <ビジネスマナー> 2月21日、22日(15:30~17:00) 就職を目指しておられる学生さん向けのビジネスマナーとして面接の時のお辞儀や、入退室の流れの動作を一日目に二日目は声、表情、姿勢、呼吸などを考える時間にあてました。 一日目はお辞儀の種類(会釈、敬礼、最敬礼)分離礼(先言後礼)などを、スタッフのお手本を見てもらい、ご本人様にも実際やって頂きました。 足元に目線を示す印もつけてみました。 その様子を動画でとってみて確認もしてみました。 会釈と敬礼、最敬礼とだんだん深くなる様子も一目瞭然。 自分自身でお辞儀の様子を見る事も少ないでしょうからしっかりとつかんでゆきます。背中から傾け、しっかりお辞儀できるようになっていきました。 休憩をはさんで今度は実際面接の場面を想定してスライドで順番を確認します。 そしてまた動画で確認を繰り返します。 すると、繰り返すごとに流れを覚えてスムーズになります。 そうするうちに、画像を確認する前にちょっとできなかったと自分で気づいてもう一度とやり直しも希望しておられました。 もともと姿勢もよく、指先までピンと伸びてます。 座るとお辞儀が結構難しく、背中からしっかり倒せるよう練習しましたね。 二日目は笑顔、発声、表情、深呼吸などを折り込みながら昨日やっていただいた面接の流れに沿ってもう一度やってみました。 まずは体や頭をリラックス「クッションなげ」をしました。 投げる相手を呼んで、しっかり相手に届くように投げる事は相手が向くのを待って、しっかりと目を合わせたり、距離感もつかめるのでとっても良い練習になります。 相手に投げるとき腹筋も使うのでおのずと声も出るのです。 近くではじめ、遠くにすると声の大きさも変わります。 クッションを相手に届くようにそっと投げるというのが声を届けるとてもよいトレーニングになりました。 昨日は、椅子の前に立って、あいさつをして。お辞儀をして。。。 というように流れを覚えるのに精いっぱいの事もあったでしょう。 表情が硬いというかしっかりやらなきゃと肩に力も入っています。 面接に入る前に手のひらに人人人を書いて飲むということをやっていたそうですが深呼吸をすることでも表情も和らぎます。 軽く微笑みを入れることにより印象もアップ。 そして、口の形に気を付けてしっかり発声することによる効果 ゆっくりはっきりしゃべることの大切さ。 すべては面接して頂いている人への配慮ですね。 今回、1upstageに来られる前に、見学に来てくださりやりたいことが事前に分かったこと 面接会に参加されたばかりというような情報をいただいたのでその人に合わせた取り組みもできました。 これからも毎月イベントを行ってゆきますのでどうぞご参加ください。
3:00 PM 福祉体感ツアー2019 第4回「ふれあい共生会」
福祉体感ツアー2019 第4回「ふれあい共生会」
8月 3日 3:00 PM
福祉体感ツアー2019 第4回「ふれあい共生会」 @ ふれあい共生会
福祉体感ツアーで本気のプロに、出会おう ゲンバで働く先輩たちは、どんな想いで障がいのある方に接しているんだろう?そんなクエスチョンの答えを直接聞ける、プロに出会える、8回限定のゲンバ見学ツアーが開催されます! 第4回ツアーは、ふれあい共生会主催地域夏祭りへのボランティア協働を行います(ボランティア実数100名以上)。 当日は近隣の教育諸学校と共に、祭り開催をご援助します。 ツアーによる共同時間帯は16:00~18:00で固定とします。 (参加者は15:00に指定場所集合)※選択不可 活動内容は別紙申込書に3部門(詳細は申込書参照)からご選択ください(必須)。 申込締切:7月5日(金)終日(こちらでまとめて申込みます) 事前現地オリエンテーション:7月25日(木)午後5時30分 (場所):花嵐新館(東住吉区矢田6-8-7) 案内を見る 下記の資料は福祉体感ツアー全体のご案内です。 案内を見る お問合せ ツアーレポート 開催風景 第3回学生向け福祉体感ツアー(in ふれあい夏祭り)開催シーン まとめ 日 時: 令和元年8月3日(土) 場 所: 社福)ふれあい共生会(特別養護老人ホーム花嵐/在宅サービスステーションもくれん) 参加趣意: 介護施設が主催する地域企画へのスタッフ参加(介護ボランティア) ○ イントロダクション(事業等の解説など) ※開催前7/25、現地で説明会も参加 ふれあい共生会(東住吉区)は、高齢者向けサービスと障がい者サービスを複合的に提供されている「大阪市南部」エリアの老舗社会福祉法人さんです。 一昨年、同法人が運営する「もくれん就労from マスタード」さんには、本ツアーでご訪問したことがあります。 地域共生を謳い、16年も前から実施されている取り組みの一つに「ふれあい夏祭り」という地域企画があります。今回は、今年で16回目の開催となる「ふれあい夏祭り」にボランティアとして参加しました。 この「ふれあい夏祭り」には、近隣の高校、専門学校などから毎年ボランティアを募り、また矢田近辺の事業所や地域活動家の協力なども得ながら、行われている老舗の地域企画であり、本ツアーとしても以前からその真髄に触れたいと思っていたものです。 ○ 学生スタッフ・ボランティアとして(たくさんの学生さんが集まりました) ○ 地域企画の原点(老人介護という現実を、地域全体で“祭り”にして受けとめ直す) ――― 家族で、みんなで、遊びに行くところ ――― その風景は、「地域のごくありふれた夏祭り」です。 その主催者は、地域に根付く努力をされている福祉法人です(そこが催す企画です)。 スタッフは、老人介護のプロであったり、地域の青年団有志だったり、障がい者支援スタッフだったり、近隣からきた福祉サービス事業所だったり。 そこに、在学生が「ボランティア」として混じり、地域の篤志家がふるまう「アロハダンス(みなさん、かなりのご高齢でした)」に酔いしれ、持ち寄ったビールでさらに酔う。 ボランティアで集まった学生さんは50、60名にもなっていました。お互いにスタッフとしての心得を事前(7/25 オリエンテーションなど)にお教えいただき、①院内で祭りを味わっていただく方への話し相手、②院内から祭り会場までの車いす介助など、③会場で店舗などを展開し、サービスを行う場面でのお手伝い、などを一斉に体験させていただきました。 暑いので休憩所を利用しながら ボランティアは常に小さな出会いがある 介護職としての人材は欠乏しています。介護・障がいなどを分け隔てすることなく、地域全体で受け止めようとする場を「夏祭り」として一斉に提供しようとする空気に触れることができました。 【編集後記】 …